役員選挙公示

一般社団法人日本外来小児科学会 選挙管理委員会
  • 卯月勝弥
  • 村上直樹
  • 大西正純

役員選挙細則に従い、日本外来小児科学会役員(理事・監事)の選挙を実施致します。

1.選出する役員の定数と任期

  1. 理事の定数は20名以上35名以内とし、立候補多数の場合には選挙を行います
  2. 監事の定数は2名以内とし、立候補多数の場合には選挙を行います
  3. 役員の任期は2年で、今回選出される役員の任期は2018年実施予定の定時総会終結の時までです

2.被選挙権及び選挙権について

  1. 2016年1月1日現在、70歳未満で、正会員歴3年以上の正会員は、役員の被選挙権を持ちます。
  2. 代議員は、役員選挙の選挙権を持ちます。

1.立候補方法について

  1. 候補される方は、立候補届推薦用紙をダウンロードし、立候補届に正会員10名以上の推薦状をつけて、2016年4月27日必着にて学会事務局まで、必ず簡易書留またはレターパックプラスにて届出て下さい。 立候補届は簡易書留またはレターパックプラスにて届出いただくので、受理のお返事等は差し上げません。受理の確認は、日本郵便の郵便追跡サービスにてご自身でご確認願います。

立候補届

  

推薦用紙

  

4.今後の予定

立候補者の人数、公募の結果については、立候補者には郵送でご報告します。代議員会で新役員会承認後、会員にはホームページ上、学会誌上でご報告いたします。

ページの上部へ▲