タバコ問題検討会  代表 高橋 裕子   (奈良市) 委員会トップへ
   ホーム委員会アドボカシー委員会

タバコ問題検討会 概要

■検討会の設立の経緯

禁煙の時代の流れを受け、このタバコ問題検討会の母体となったグループは、1999年より毎年4年間連続で「禁煙支援指導および喫煙防止教育に関するワークショップ(:WS)」が開催し、この中で小児科で出来る禁煙活動を模索した。また、2003年には本学会誌で「子ども達をタバコの害から守る」という、特集を組んだ。2003年5月1日受動喫煙の害を初めて真正面から見据えた『健康増進法』が施行された。受動喫煙の最大の被害者は子どもであるのは、疑いない事実です。タバコから子どもを守るべき責務を負っている小児科医に確固たる組織がなく、個人に多くを委ねる現状では、大きくうねり始めた波に乗り損なってしまうとの危惧が生じた。そこで、役員会に本検討会の設立を申請し承認された。

    設  立     2004年 8月20日
    第一回検討会   2005年5月28-29日 (福岡市)
    検討会への参加は、会員であれば可能。

■活動状況・方針

    本検討会は「誰でも小児科外来での禁煙支援・喫煙防止活動が簡単にできるようなマニュアル」作りを行います。
    校医として、防煙・禁煙授業ができるように、参考資料の提供と教材を作成するとともに、教諭・ PTAの協力をもとめ、「学校禁煙化に協力するネットワーク」作りを推進します。
    地域の保健所などと連絡を取って、「路上喫煙やタバコ自販機など子どもたちの生活環境を脅かす環境を整備する方策」を探り、提言します。
    本検討会の公式メーリング・リスト“ tobacco-free”を立ち上げました。 参加希望者は、fwii8480@mb.infoweb.ne.jpまでメールをお願いします。
    スライド集「双方向性と継続性のある禁煙授業」 (山田進一会員・徳島) を タバコ問題検討会ホームページに掲載しています。タバコ問題検討会に参加されていない会員の方でご希望の方は世話人までご連絡ください

■タバコ問題検討会ホームページは、→こちらから (2005年1月16日付け)

■タバコ問題検討会の記録

    第1回 2005年5月28-29日に、福岡市で開催 プログラム→こちらへ
    第2回 2006年4月9日(千葉市)
    第3回 2007年4月15日(千葉市)
    第4回 2007年12月16日(千葉市)
    第5回 2008年4月20日(千葉市)
    第6回 2008年7月13日(宮崎市)
    第7回 2009年4月13日(奈良市)
    第8回 2009年7月26日(宮崎市)

■世話人

    代 表   高橋 裕子 (奈良女子大学・奈良市)
    世話人   野田  隆 (のだ小児科医院・宮崎県串間市)  担当理事
          牟田 広実 (飯塚市立病院・福岡県飯塚市)
          村上 直樹 (村上こどもクリニック・鹿児島市)
          岡本 茂樹 (おかもと小児科クリニック・福岡市)
          太田 文夫 (おおた小児科・循環器科・千葉市)

    連絡先

      〒 888−0001 串間市大字西方5337−3
      のだ小児科医院  野田 隆
      Fax : 0987-71-1112
      E-mail : fwii8480@mb.infoweb.ne.jp

      2010.3.20

ページの上部へ▲

関連ページ
会合開催予定一覧へ
委員会トップページへ
< 前のページへ戻る