調査研究方法検討会

調査研究方法検討会 概要

代表

永井 崇雄(香川県)

沿革

1994年8月20日 調査研究方法検討委員会として設立 1994年11月5日 第一回調査研究方法検討委員会・検討会を自治医科大学地域医療学教室で開催 2001年5月27日 理事会機構再編に伴い、調査研究方法検討委員会がリサーチ委員会と名称を変更し、同委員会所属の調査研究方法検討会となった。

活動

この検討会では、参加者がこれから調査あるいは研究しようと思っている計画の方法に的を絞って討論し検討を行っています。また、すでに本学会などで発表した演題や研究計画作成段階の演題・研究調査進行中の演題などの研究の方法も対象にしています。また、「子どもネット」のネットワーカーを募る演題も募集します。 研究アイデア応募は、こちらへ→ リサーチアイデアバンク 本検討会の目的に関しては、設立当時の委員会報告を御覧下さい。 参加は日本外来小児科学会会員であれば自由です。本学会誌などへの投稿を予定として研究計画のある方は是非ご参加ください。年に3~4ヶ月に1度、土~日曜に、関東、関西、その他の地域を持ち廻りで開催しています。 ★原則として「調査研究方法検討会」への参加には、日本外来小児科学会会員である事が条件です。

開催予定

過去の開催案内記録

第69回開催分まではこちら

過去の検討会報告:かわら版

第68回開催分まではこちら

連絡先

〒833-0027 福岡県筑後市水田991-2 杉村こどもクリニック
杉村 徹 メールはこちらへ FAX:0942-52-6777

Copyright© The society of Ambulatory and General Pediatrics of Japan All Rights Reserved.