自己学習プログラム検討会

自己学習プログラム検討会 概要

検討会設立の経緯

2015年8月の第25回年次集会S22-15「外来小児科医として何を修得し、如何にして学び続けるか(リーダー:原 朋邦)」において絹巻 宏が提案した「自己学習支援ツール“開業小児科医の自己学習のためのチェックリストCLOPSL(Check List for Office-pediatrician's Self-learning)”を用いた生涯学習システム」をもとに、2016年4月の生涯学習委員会で検討をはじめ、2016年9月よりワーキンググループにて実現に向けた検討を重ね、2017年6月より生涯学習委員会のプロジェクトとして「自己学習プログラム検討会」が設立された。

生涯学習システムの提案概要

開業医の生涯学習の方法として、多くの場合講演会などに参加する、書籍などでの学習が行われているが、これのみでは自分に興味がある、利益につながることだけを学ぶことになり、プライマリケアの実践に必要で重要な課題を学ぶことが疎かになりがちである。何が必要であるかなどを会員全体に気付かせて学習機会を広げるシステムが必要である(外来小児科2015;18:471-472)。

沿革

2016年9月「自己学習プロジェクト(CLOPSL)WG」発足。2017年6月より「自己学習プログラム検討会」に移行し、関東・近畿・九州のブロックで分担して実際の作問作業を開始している。

委員

  • 松下 享(大阪)
  • 絹巻 宏(大阪)
  • 高田慶応(奈良)
  • 橋本裕美(大阪)
  • 田中秀朋(東京)
  • 伊藤純子(東京)
  • 時田章史(東京)
  • 藤森 誠(千葉)
  • 谷村 聡(山口)
  • 森田 潤(福岡)
  • 宇梶光太郎(福岡)
  • 堤 康(福岡)

監修役

  • 横田俊一郎
  • 原 朋邦
  • 崎山 弘
  • 熊谷直樹

Copyright© The society of Ambulatory and General Pediatrics of Japan All Rights Reserved.