教育検討会

教育検討会 概要

沿 革

 小児科研修医や医学生に対して外来・総合小児科学を教育することの大切さは今さら申すまでもありません。病院小児科学とは内容も体系も異なる外来小児科学を、これまで私たちは各自の工夫と熟意で身につけてきましたが、その蓄積を若い人達に体系立てて伝えていくことが請われる時代になろうとしています。この研究会の会員がそれぞれの地域で診療のかたわら少しずつ時間を割いて教育に従事するようになれば、教えられる側にも教える側にも実りは大きいことでしょう。教育検討委員会は,そのような時代を準備するために1994年8月に発足しました。当初の目的は以下の通りです。

  • 米国のレジデントプログラムや日本での試行を検討してカリキュラムを作る。
  • 必要な文献や書籍をいつでも借り出せるライプラリーを設置する。
  • 会員がオフィスで得た貴重な写真や録音テープ,ビデオテープなどを収集整理し,会員の利用に供するための資料センターをめざす。
  • 会員が実施した教育内容をレポートやビデオの形で保存し,他の会員の参考にする。

最新の開催案内

第47回 教育検討会@福岡のご案内

テーマは「アクティブ・ラーニング」です。
基礎理論は佐賀大学の教育研究センター長 小田康友教授より、福岡大学医学教育講座の安元佐和教授からは海外研修など実践例を語っていただきます。
生涯学習委員会・医学生支援委員会よりの報告があります。

日時:2020年3月15日(日)10:00 - 16:00
会場:福岡朝日ビル(B1F)16号室
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-1-1(JR博多駅博多口前 徒歩2分)

以下より検討会と懇親会の事前参加申し込みを、お願いします。
https://forms.gle/ZVmcajteLCSf2GUp8
なお、当日参加も可能です。
参加費は2000円(事前申し込みのみ弁当込み,医学生と初期研修医は無料)。

プログラム(予定,敬称略)10:00 --- 16:00
「開会の挨拶;教育部会への期待(仮題)」 横田俊一郎 理事長
「久留米大学小児科学講座のPrimary Care教育の歴史と現状」武谷 茂

講演「現代の医学教育の方法論を外来教育に生かす─成果基盤型教育とアクティブ・ラーニング」
小田康友 教授(佐賀大学医学部地域医療科学教育研究センター長,医学教育開発部門長)

活動報告:
「医学生・若手医師支援委員会」岡本 茂
「ホームケアガイド作成検討会」未定
「自己学習プログラム検討会」松下 享
「また、また、… 国家試験問題から」横井茂夫

講演「福岡大学小児科学教室による医学生の海外研修(仮題)」安元佐和 教授(福岡大学医学教育推進講座)

その他 - 16:00 終了予定

問い合わせ先:森田潤 jun@clinic-morita.com

過去の開催記録

第43回開催分まではこちら

Copyright© The society of Ambulatory and General Pediatrics of Japan All Rights Reserved.