子どもネット

子どもネット 概要

日本外来小児科学研究会リサーチネットワーク(通称“子どもネット“)は、学会自身が情報の集積をはかりデータベース化し、調査、研究を進めることを目的に組織されています。
アメリカではPediatric Research in 0ffice Setting(PR0S)が、現在667名の開業医と183診療所、47の研究センターをネットワークで結び、大規模なリサーチを行っています。
PROSはその目的を、小児科における予知、予防、治療効率などの基本的問題について新しい知識を創造することとしています。
日本での本ネットワークの特徴は、参加メンバーが単にデーターを集積するだけでなく、自分自身が日常診療で疑問に思っているテーマを出せば、問題を解析する側に立つことも可能なことです。
どしどし研究テーマを出してください。

子どもネットの概略

組織

「子どもネット」は、日本外来小児科学会リサーチ委員会に属する。キーステーション、テーマ発案者(プロジェクトリーダー)、複数の研究参加メンバー(データー集積)の3者で構成される。

手順

テーマ募集:リサーチテーマならびに詳細は必ず調査研究会方法検討会で討議を行う。その後、リサーチ委員会は子どもネットで調査を開始するかどうかを決定する。
テーマ内容:取り上げる問題点は日常診療に根ざしたものである。子どもの健康をとりまく環境を考えると、疾病そのものを取り上げるだけでなく、疾病予防、健康教育、事故予肪なども大切な標的問題である。
ネットワーク構成メンバー:研究参加メンバーは日本外来小児科学研究会の会員とする。プロジェクト毎に構成メンバーを募集し、希望者で構成する。
参加費用:参加者負担とする。プロジェクトリーダーは研究基金などの活用を考えること。

連絡先

メールでお問い合わせ下さい。
いとう小児科 伊藤雄平 yuheito@gmail.com

Copyright© The society of Ambulatory and General Pediatrics of Japan All Rights Reserved.